社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

協会案内・活動 行政機関・産業支援団体の方へ プレス
TOP 販路コーディネータ資格 MC資格 講座・セミナー・研究会・交流会 資格認定試験日程
マネジメントマーケティング コンサルタント
MC資格認定制度

マネジメントマーケティング コーディネーターとは
コンサルタントの活動
受験申込・公式テキスト
資格のご質問

マネジメントマーケティング コーディネーター 経営コンサルタント資格認定試験
マネジメントマーケティング コーディネーターの活動
   
マネジメントマーケティング コーディネーター(MC)資格者は、
販路コーディネータ1級、商品開発コーディネーター、観光コーディネーター資格の取得が条件。

マネジメントマーケティング コーディネーター資格者は、(社)日本販路コーディネータ協会の最上位資格として位置付けられています。

マネジメントマーケティング コーディネーターは、その応用スキルと知識を身につけ、さらに「モノづくり、場づくり、コトづくり」における事業(ビジネス)活動全般の助言指導までを行う
専門家です。


マネジメントマーケティング コーディネーターの役割
マネジメントマーケティング コンサルタントは、経営戦略、事業開発などの基本知識に加えてそれぞれ専門分野での販路開拓、商品開発、地域活性化戦略等を経営計画段階で、そのビジネス活動
全体を含め根本部分でアドバイスできることがその役割です。

具体的には、
マネジメントマーケティング コーディネーターは、企業の総合評価(企業評価・製品評価)業務、また、観光コーディネーターにおいては地域評価など既存、新規を問わず事業化計画化における
事業化戦略の助言・指導の役割ができるまでの人材である。
これに加えてマネジメントマーケティング型の『市場からの視点』を重視した、「事業開発」まで幅広く、高度な知識が要求される。
また、独立事業者では、創業・開業のアドバイザーアドバイスを行う機能としても、また、国、地方公共団体をはじめとする行政支援機関による「中小企業支援施策」を活用しながら、助成金、
補助金なども活用し、事業戦略の企画立案も行うものである。

マネジメントマーケティング コーディネーターのカリキュラムの一例
企業は、企業を取り巻く環境変化に主体的・創造的に適応しながら、企業自身の判断でリスクをとって、商品(財・サ−ビス)の生産・販売についての自立的意思決定である。

また、経営理念、目標をどう実現するか、どのように実現するかの基本方針、コンセプト戦略及び、事業計画作成の目的として
1.将来性、2.収益性 3.実行可能性について学ぶことが出来る。

以下が事業計画書が与える5つのメリットである。

1.事業目標達成の最短距離、2.リスク対策の検討、3.事業予算の明確化 4.資金調達 5.社内外のコンセンサス

また、事業計画書の6つのプロセスについて、その方法を実践できるようにする。
事業計画書の作成演習では事業成長の視点を中心とした考え方を元にマネジメントマーケティングシートを活用し、事業戦略・戦術を構築する。

戦略:ゴールまでの最短距離。コンセプトを実現するためのもの  
戦術:戦略に基づく個別の作戦。どこで、誰が、何を、どうやって、いくらで売るか 
人的資本 事業計画書(事例の診断・打ち手検討)ではマネジメントマーケティングシートを
活用し、事業戦略・戦術を検証する。

マネジメントマーケティング コーディネーター(MC)資格取得をめざす方へ
(1)マネジメントマーケティング コーディネーター資格はJMC本部で随時開催する資格試験を受験合格することで、認定を受けることができます。
(2)マネジメントマーケティング コーディネーターは、販路コーディネータ1級、商品開発コーディネーター、観光コーディネーターとの重複無しで、ダブルライセンス取得の更新で済みます。
(名刺には2つの資格を記載できます)。
(3) 次のいずれかに該当する場合マネジメントマーケティング コーディネーター認定者として登録できません。 
1.成年被後見人、被保佐人、被補助人、任意後見契約に関する法律第2条2号所定の本人であっても同法第4条1項の規定により 
任意後見監督人が選定されている者、のいずれかに該当する者 
2.禁固以上の刑に処せられる者 
3.禁固以上の刑の執行を終わり、または刑の執行を猶予された日から5年を経過していない者 
4.破産者で復権を得ない者 
5.過去に会費未納等により退会となった者 
6 過去に協会から除名処分を受けている者 
7.以上のほか、理事会において著しく不適切と認められた者
 従来の経営コンサルタントとマネジメントマーケティングコーディネーターとの大きな相違点は、1)従来の経営コンサルタントは「経営結果を診断することが主たる役目」であり、
一方マネジメントマーケティング コンサルタントは「市場の視点におけるマネージメントマーケティング活動」が基本 。
 2)企業経営的に見ると前者従来の(財務・企業診断系経営コンサルタント)が「内向きの業務」で、後者のマネジメントマーケティング コーディネーターは「前向きの業務 Proactive Action」とも言えます。
 3)そのため、マネジメントマーケティング コンサルタントは企業の総合評価(企業評価・製品評価)業務、また、観光コーディネーターにおいては地域評価など既存、新規を問わず事業化計画化における事業化戦略の
助言・指導の役割ができるまでの人材として活躍しています。
Copyright(c)JMC. All Right Reserved.