社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
協会のご案内
協会活動のご案内
理事長挨拶
認定講師紹介
認定講師講演・セミナー派遣
活動と沿革
提携機関
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて

書籍
書籍「つくる」から「売れる」へ
公的支援活動
公的支援活動


認定講師プロフィール

プロフィール




大城 正晴
(おおき まさはる


産業財の中小企業・中堅企業を対象とした、新商品開発・ブラッシュアップ・販路開拓の支援および知財戦略・知財管理の支援を得意とする。
(1)新商品開発、ブラッシュアップ及び販路開拓の方法
(2)知的財産権の概要、特許戦略、特許出願を多くする方法、特許リスク管理、特許紛争の対処法について等

■ 肩書き
OHKI経営戦略コンサルタント 代表
JMC認定販路コーディネータ1級、JMC認定講師、知財技能士2級

■ 主な経歴
半導体・液晶分野において、材料メーカの開発営業としてマーケティング・新商品開発・販路開拓、後に知財戦略に従事した。現在、産業財メーカを対象とする新商品開発・販路開拓・知財戦略に関するコンサルタントを開始した。


講演テーマ

■ 主な講演テーマ1
1、開発営業の活用
2、新製品開発のマーケティングプロセス
・開発テーマの発見
・標的市場の発見
・SWOT分析
・外部経営資源の活用
・製品、価格、販売チャネル、販売促進の計画
・技術開発の方法
・新製品開発計画の評価と選択
・製品ライフサイクルの管理

■ 主な講演テーマ2
1、知的財産権の概要
2、特許による商品差別化
3、製品開発から発明、特許を抽出する
4、他社特許へのリスク管理
5、社内特許管理制度
6、特許紛争への対処法

■著作物・論文等
「半導体プロセス材料」吉見監修 トリケップス刊(1986年)
「電子材料取引の手引き」ゲマテック社編集 ホーマット・アド刊(1987年)
「最新電子材料応用の手引き」金属時評編集 ホーマッドアド刊(1992年)
「ULSIプロセス材料実用便覧」津屋監修 サイエンスフォーラム(1992年)
その他専門誌多数掲載       
・特許出願多数  

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.