社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
販路コーディネータ資格認定制度
販路コーディネータとは
資格のご質問(FAQ)
公式テキスト
過去の試験問題より
特例措置
試験日程一覧

通信講座と試験で資格を取得する
販路コーディネータ3級通信講座
販路コーディネータ2級通信講座

研修(小試験)で資格を取得する
販路コーディネータ3級認定研修
販路コーディネータ2級認定研修

試験で資格を取得する
販路コーディネータ3級認定試験
販路コーディネータ2級認定試験
販路コーディネータ1級認定研修試験



特例措置

協会の指定する有資格者の販路コーディネータ3級資格受験特例措置
 次の有資格者は、販路コーディネータ3級資格認定研修プログラムでの小試験が免除されます。ただし、その場合でも研修受講は必須となります。

・中小企業診断士
・弁理士
・弁護士
・公認会計士
・税理士
・司法書士
・行政書士
・社労士
・技術士
・経営士
・ファイナンシャルプランナー(AFP、および2級FP技能士)
・ITコーディネイター
・販売士1級.。

要件
(1)上記の有資格者は、販路コーディネータ3級研修における小試験を免除する。
 ※小試験は免除されますが、研修料金は販路コーディネータ3級研修の料金となります。

(2)届出の証明に必要なもの 
・資格を取得した証明書の写し 
・資格を保有していることが証明できる書類等の写し 

研修お申込みと同時に上記書類をメール添付、FAX、またはご郵送ください。

 〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
 (社)日本販路コーディネータ協会事務局宛て

問合せ:E-mail:info@hanro.jp

提携機関、団体受験の特例措置

(社)日本販路コーディネータ協会連携機関
 (社)日本販路コーディネータ協会では、学校教育、企業教育、団体教育での資格導入サポートの一環として、当協会と提携していただいた提携団体について、以下の特例措置を設けております。

(1)提携校、企業教育の設置
 研修のみご希望の提携校、提携企業様での研修試験開催のご対応として、受験者数10名様以上から、個別の試験開催にご対応いたします。提携学校、企業様の年間スケジュールや研修生の就職活動のタイミングなどにあわせて、個別に研修、試験を校内、企業で実施することができます。

(2)合格証の発行
連携校、連携企業様では、合格証の発行のみ、もしくは資格認定登録のどちらでも受け付けています。
試験実施後、登録が必要無い場合は、実費手数料のみで合格証を発行させていただくことも可能です。

 提携学校、企業様の在学生、研修生が、3級試験に合格した場合、合格登録料5,400円で”合格証”を発行いたします。
 通常の資格認定制度では、資格が登録制度となっており、試験合格後に資格認定登録料、年間登録料のお支払いと資格登録申請書のご提出により、資格登録がなされ”認定証”を発行しておりますが、連携校、連携企業様に限り、合格者1名に付き5,400円のみで”合格証”を発行いたします。企業様では昇級試験などでもご利用いただけます。
※年間提携料:無料

(3)3年間の認定登録権の付与
 提携学校、企業様の研修生が、ご自分の意思で認定登録を希望した場合の対応として、資格認定登録料割引措置(5,400円)と年間登録料12,960円のお支払いと資格登録申請書のご提出により、認定登録されます。
 通常の資格認定制度では、試験合格通知より2ヶ月以内に資格の正規登録料納付と手続きが必要です。


(4)申請について

申請書は下記からダウンロードしてください。
申請用紙



販路コーディネータ1級資格、及びマネジメントマーケティング・コーディネーター資格者の特例措置
・販路コーディネータ1級資格者、及びマネジメントマーケティング・コーディネーター資格者は、セールスレップ1級資格を受験することができます。
(両協会の1級を取得された場合、新たに取得する側の協会への資格登録料及び年間登録料は免除されます)。

 

 

 

 

 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.