社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
イベント情報
イベント一覧
マネジメントマーケティング研究会
賀詞交歓会
スタートアップ研修
フォローアップ研修
MMリーダー研修
認定講師養成講座

企業人材育成プログラムと実践型支援プログラム

企業人材育成プログラム

(社)日本販路コーディネータ協会のカリキュラムの特徴は、貴社に合わせた実践的プログラムのご提供を行うことです。

1)研修会への講師派遣・経営者のアドバイザーを派遣します 講演会、社員の勉強会などに、テーマにあわせた適切な講師を派遣します。
 また、企業経営者に対して、広範囲な情報と経験から、環境に合わせた適切なアドバイスを行ないます。経営者の個人的なアドバイザーとしてご活用ください。

 (2)経営コンサルティング、マーケティング、販路開拓、商品開発などの問題解決サポート活動を行います。 製造業を中心に企業で発生しているあらゆる問題の解決をサポートします。

 事業プラン作成、マネジメント、商品開発、品質向上、市場調査・マーケティング戦略、販路開拓、リーダー養成、営業マン育成など、それぞれ豊富な経験を持つ専門家が、市場の動向や貴社の企業の環境に合わせた適切な指導を行ないます。
 最初の相談は無料です。お気軽にお申し出ください。

  (3) 人材育成支援・販路開拓・商品開発支援を行います。 技術がありながら、どんな商品に生かしたらよいか分からない、商品開発を技術・マーケティング面から支援して欲しい、商品を開発したが販売先が見つけられな。そんな企業に対して、技術開発支援、および、広範なネットワークを生かした人材育成支援及びケースにより、販路開拓・商品開発支援を行います。


過去の研修例

・ITを活用した売れる仕組みづくりの実践事例
・農商工連携におけるビジネスプラン構築
・食品セールスレップに求められる役割と日本の食の未来
・商業系商材における新製品開発ジョブプラン
・工業系商材のセールスレップ販路開拓の取り組み
・流通業から見た商品開発と販路開拓
・工芸品・インテリアの販路コーディネート
・企業を成長させるマネジメントマーケティング戦略、活用事例
・市場をつかむマネジメントマーケティング
・売れるモノづくりにおける市場調査の実践法
・ビジネス活動を経営計画から捉える
・食産業における商品企画開発


農商工連携人材育成研修の事例

・農産物流通構造
・農林水産業の動向と課題
・マーケティング
・ブランド戦略
・食品衛生・表示等
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略会議)(1)
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略会議)(2)
・中小企業経営
・商品管理
・IT化への対応
・商品化ナビゲーション
・セールスレップ
・環境対策
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略シート)(1)
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略シート)(2)
・商店街市場調査
・農商工連携事業者視察
・農林水産関連の支援施策の概要
・農商工等連携事業の実務作業と具体的な取り組み(1)
・農商工等連携事業ビジネスプラン構築(1)
・農商工等連携事業ビジネスプラン構築(2)
・農商工等連携事業の実務作業と具体的な取り組み(2)
・農商工等連携事業の実務作業と具体的な取り組み(3)
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略シート)(3)
・ロールプレイング(マネジメントマーケティング戦略シート)(4)

一般企業内におけるリーダーの育成

【プロフェッショナルとして必要な幅広いカリキュラムをエッセンスとして集約】
2日間の研修と試験で取得できる資格研修の貴社内(出張)研修をご提供。

一般企業内においては、事業戦略、販売戦略、販売促進戦略、商品開発戦略などに精通した人材の育成が求められている。 
 協会の研修では、メーカーからの視点と販売先の双方の視点で「商品」、「販売」、「販売促進」、 「技術」を習得出来ることことから、一般企業でも、企業内販路コーディネータ資格取得者が拡大しています。

【営業・販売コーディネート人材育成プログラム】
 
事業戦略、商品戦略、販売戦略、販売促進戦略に対するアドバイスと的確なオーダーを出すことが出来、顧客の立場に立って顧客の状況にあった形で用途開発を行い、また商材に効果的変更を提案し提供することのできる人材の育成を支援します。

教科
(1)ビジネスコミュニケーション
(2)マーケティング基礎 
(3)マーケティング実践
(4)経営 経営・財務・商品勘定数値
(5)財務・経営分析 
(6)ビジネス事例・成功例 
(7) 営業知識 ・ノウハウ 
(8)生産・製品開発・ 製品評価 
(9)営業・販路コーディネータ・マネジメント 
(10)知財と契約の知識
(11)ISO関連知識
(12)その他実践 ビジネス知識

実技
(1)営業実務
(2)企画書作成 
(3)販売先への提案書の作成・ 提案書評価 
(4)報告書の作成 
(5)ビジネスシミュレーション
(6)商談ロールプレイ 
(7)契約書作成 ビジネスシミュレーション
(8)製品審査・製品審査発表(チームごと) 
(9)プレゼンテーション 

【営業育成プログラム】
(1) ビジネス基礎教科
(2)営業技術
(3)セールスパーソン基礎教科
(4)法務知識 
(5)実技・ロールプレイング
(6)科学的販売コーディネート知識
(7)報告書等演習実技 

【ビジネス基礎プログラム
(1)ビジネス導入教科
(2)セールスパーソン基礎教科
(3)実技 ビジネス導入教科
(3)ケーススタデイワーク教科
(4)実技 

 

●ご評価いただいているポイント
 数多くの公的支援機関、金融機関、民間企業様との継続的関係に裏打ちされた豊富な経験と実績、顧客視点の現場感覚の研修カリキュラムとして評価いただいています。

■豊富な実績 
 開設以来の公的機関向け及び、法人向け人材育成サービス、年間300社を超える数多くのメーカー企業様が抱える経営上のリアルな課題に触れ続け、継続的協業関係を通じて、各業界最前線のビジネスのデータ、実践的ツール類等を蓄積し続けています。

■コーディネータ、ビジネス・アドバイザーを育成する体系的研修体制 
 マネジメントマーケティングに基づいた体系的研修体制を追求しています。
 環境分析(SWOT分析等)の予備調査 企業の経営環境の現状把握から始めます。一般に言う"SWOT"分析に当ります。すなわち、強み(Strength), 弱み(Weakness), 機会(Opportunity), 脅威(Threat)の把握です。 実践的にも公的販路開拓支援事業では、現状の販路はどのようなものか、その売上げ規模は、将来性はあるか。商品は競争力があるか、価格政策はどのようなものか、仕入先との関係は、などの取材を行っています。

 売上げを増大させるには、新商品開発・発売、品揃え拡充、販路拡大・新販路開拓などの様々な手法が考えられますが、企業の業種や経営環境などによって最適な手法が選択されています。

■高品質サービスを支える人材育成ノウハウ
 公的機関、金融機関等との連携によるMMCビジネスノウハウ構築によるう、現実のビジネス課題の研究、教材化、書籍化等を通じて、実践性と有用性に重きを置いた人材育成のカリキュラム設計力向上に取り組んでいます。

■特にご評価いただいているポイント 
 受講者特性を踏まえた適切なカリキュラム設計力 
 納得度を高める育成技術 ・育成効果を高めるきめ細かく充実したツール類の提供



お問い合わせ
(社)日本販路コーディネータ協会 企業研修ご相談窓口
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
Eメール info@hanro.jp(代表)
TEL 03-5948-6581(代表)

 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.