社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
販路コーディネータの活動紹介
資格者の活動紹介一覧
販路コーディネータとして活動する
資格の記載方法
JMC認定マークの活用
資格の活用と支援
資格の登録と更新
資格者専用ページ
eラーニング講座情報
eラーニング講座のご案内
イベント情報
イベント一覧
マネジメントマーケティング研究会
賀詞交歓会
スタートアップ研修
フォローアップ研修
MMリーダー研修
認定講師養成講座

農商工連携での支援の取り組み
 
栃木県での農商工連携支援に精力的に取り組んでいる大島さんに農商工連携とのかかわりをお聞きした。

「私は、栃木県の農商工連携事業の認定に最初からかかわりを持ってきました。この事業は今年で三年目ですが、現在まで栃木県では8件の認定をいただいています。
私が実際に担当した事例では、絵に描いたような農・商・工業者三社からなる連携体で全国モデルにもなっています。
その取り組みの概要は『栃木県内で収穫された安心安全な果実や野菜等の農産物を素材にした「本格派高級瓶詰めカクテル」の開発と販売』です。
栃木県内の生産農家が果実や野菜等の農産物(または農産物加工品)を提供し、日本酒の蔵元が製造・製品化して種類卸業者が企画・販売する連携に加え、宇都宮カクテル倶楽部というプロバーテンダー組織に監修を委嘱することにより商品に付加価値をつけた事業です。
もともとは、宇都宮アグリネットワーク事業から上がってきた案件ですが、中小機構のマネージャーのブラッシュアップ支援のもとに申請にこぎつけました。
農商工連携の「チーム栃木」の一員として、申請書・事業計画・資金計画作成の支援をしましたが、事業の新規性、差別化、地域課題の解決、生産者の所得・モチベーションの向上をどう計画に盛り込むか少々奮闘した覚えがあります。
審査の結果無事に認定となり、事業展開上大きな「ステータス」となっています。さらに宇都宮市は「カクテルの街宇都宮」として街おこしを推進しているが、農商工連携は地域経済を支える地元の農林水産業や関連事業が活性化する契機として大きな意義があり、農商工連携の進展は、域内生産の増加や雇用創出だけでなく、地域の活性化に様々な側面から寄与することが期待されています。」

平成23年度農商工連携人材育成研修はこちら

栃木県・大島さん

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.